サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジェイテクト、低トルク・耐寒冷ロバスト向上ハブユニットを開発

ここから本文です

ジェイテクトは7月28日、トルクの低減と極寒冷地でも高い密封性を発揮するシール用ゴム材を開発したと発表した。

自動車業界をはじめとしたモノづくり業界では、カーボンニュートラル達成に向け、これまで以上にエネルギー低損失化が求められている。そして、自動車のホイールを支えるハブユニットの低トルク化は、燃費に直結するため必要不可欠な技術となっている。

ハブユニットで発生するトルクの約半分はシール部で使用されているニトリルゴムが占める。

おすすめのニュース

サイトトップへ