サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フェラーリの純利益は95%減、新型コロナの影響 2020年第2四半期決算

ここから本文です

フェラーリ(Ferrari)は8月3日、2020年第2四半期(4~6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は5億7100万ユーロ(約713億円)。前年同期の9億8400万ユーロに対して、42%減と2年ぶりに減少した。

また、第2四半期の純利益は、900万ユーロ(約11億円)。前年同期の1億8400万ユーロに対して、95%減と大幅な減益となった。

大幅な減益となった要因は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大だ。工場の生産休止や、ロックダウンによるディーラーの営業休止などが、第2四半期の業績に大きな影響を与えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ