サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノー代表、2021年のドライバー決定は“慎重”に行なうと発言。F1活動継続の布石か?

ここから本文です
 先日、ダニエル・リカルドが2020年シーズン限りでルノーを離れ、2021年からマクラーレンに移籍することが発表された。これによりルノーは、来季エステバン・オコンと共に戦うレギュラードライバーを決定する必要がある。

 このルノーの空席に関しては、F1復帰を検討しているとされるフェルナンド・アロンソや、今季限りでフェラーリを離脱するセバスチャン・ベッテルなど様々な候補が挙がっているが、ルノー側はこれについて決定を急ぎたくないと考えているようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ