サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【N-WGNの自動ブレーキ! リーフの加速力!!】 乗ってわかるあのクルマの「ズバ抜け」部分 6選

ここから本文です

【N-WGNの自動ブレーキ! リーフの加速力!!】 乗ってわかるあのクルマの「ズバ抜け」部分 6選

 たとえばGT-Rなら「速い」、トヨタのハイブリッドモデルなら「実燃費がいい」……といった点はだいたい予測がつくものだ。しかし、「そのクルマに触れて、乗って初めてわかる」長所や魅力というものもあるハズ。

 自動車評論家 国沢光宏氏が乗ってみて初めてわかったそのクルマの「ズバ抜けた」長所&魅力をレビュー!!!

【究極のスポーツカーがさらに洗練】今夏発売 新生シビックタイプRを徹底解剖

●【画像ギャラリー】能ある鷹は…!? 新たな魅力が明らかになった6台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月10日号


■ホンダ N-WGNの「自動ブレーキ性能」は全日本車トップクラス!!!

 やっと生産再開になったN-WGN、このクルマの素晴らしさは自動ブレーキ性能の高さにある。

 ダイハツやスズキの新型軽自動車にも歩行者を検知して自動ブレーキで止まる機能を持たせているけれど、残念ながら夜間は稼働しない。

乗ってわかる、N-WGNの自動ブレーキの凄さ。生産&販売再開してますよ!

 対歩行者の事故、70%程度が夜間に発生していることを考えたら大いに不満です。加えてクルマの陰から出てくる歩行者に対する自動ブレーキ性能だって、N-WGNと比べたら圧倒的に低い。

 もう少し詳しく書くと、N-WGNの自動ブレーキ性能って軽自動車というワクを超え、日本車のトップクラスなのだった。

 クルマを運転していて最もイヤな気分を味わうのが、小さいダメージであっても事故。

 N-WGNであれば、自動ブレーキなしから乗り替えると、事故を80%以上避けられると思ってイイ。

■MAX218馬力! 日産リーフe+の圧倒的な「加速力」!

 リーフに追加された『e+』というモデル、多くの人は航続距離を増やしただけだと思っているようだ。

 しかし、ハンドル握ってみるとビックリするだろう。すんごく速いのだった。

国沢氏をも唸らせる218馬力!!

 そらそうだ。標準のリーフが150馬力なのに対し、e+って218馬力もある。このくらい出力違えば、ふつうのエンジン車であれば完全にスポーツグレードという扱いになるだろう。

 実際、サスペンションとタイヤを変えるだけで筑波サーキットを1分10秒台で走る! 本来ならスポーツモデル仕立てにしてもよかったんじゃなかろうか。

 街中を走っていても、圧倒的なパフォーマンスです。今後、燃費規制のためガソリンだけで走るスポーツモデルは絶滅していく。

 そんななか、電気自動車なら遠慮なくスポーツグレードを作れるのだから嬉しい。

■トヨタ RAV4で走りも愉しめ!!!

 SUVといえば「走りの楽しさはイマイチ」というイメージだと思う。

 実際、SUVの試乗レポートを見ても、エンジンの楽しさとか限界特性とか書いている評論家のみなさんは少ない。本当に楽しくないからだ。

 されどRAV4って一般的なSUVとまったく違う。

 例えば2Lエンジン、笑っちゃうことに高回転型で、しかもレッドゾーンまで「カーン!」と素晴らしい音を響かせて回ってゆく!

「2Lエンジン、レッドゾーンまでカーン! と素晴らしい音を響かせる」と国沢さん絶賛のRAV4。SUVだからといって走りが負けているわけではないのですよ

 エンジンマウントもガッチリしているため、振動だって気持ちいい。

 トルクベクタリング付きのアドベンチャーグレードは、アクセル踏みながらハンドル切ると、グイグイ曲がっていく! 雪道だと「やっほ~!」と言いたくなるほど。

 RAV4に試乗する機会あったら、(安全確保のうえで)ぜひともレッドゾーンまで引っ張ってみていただきたい。

■スバル WRX S4の“鬼がかってる”加速力!

 今年から厳しくなるCAFE(企業別平均燃費)により、次々と大出力エンジンを搭載したスポーツモデルが絶版になっていく。

 すでにWRX STIはオーダーストップを発表した途端、瞬時に売り切れてしまった。これからも続々と絶版車が出てくることだろう。

 そんな状況のなか、強くプッシュしたいのがWRX S4であります。現在販売されているクルマのなかで最もコストパフォーマンス高い。

“速さで選ぶコストパフォーマンスの高さ”、それがWRX S4の長所だ。乗ってみれば実感湧く

 なにしろ300馬力/40.8kgmという今や希少となりつつある高性能エンジン積む。

 乗ると当たり前のことながら速いです! 発進加速タイムは走り出す時のダッシュが強くないため0~100km/hタイムで5秒台中盤。

 しかし、走り出して4000回転くらいになったらWRX STIに匹敵する加速を見せる。買うなら早めに。


■マツダロードスター 走ってもよし! そして実は「燃費」もよし!

 マツダロードスターといえば「ハンドリングを楽しむスポーツモデル」だというイメージが強いと思う。しかし! オーナーの皆さんならご存じのとおり、メチャクチャ燃費よいのだった!

 考えてほしい。毎年秋口に開催される「ロードスター・メディア対抗4時間レース」では、4時間を60Lのガソリンで走らなくちゃならない。

走りがいいのはわかるが実燃費までもいいときた

 優勝チームは180周くらい走るため、実燃費は6km/Lを超える計算。国際格式のレースに出場しているようなドライバーが汗だくになって走って6km/Lも走れるのだから素晴らしい!

 街中を普通に走っても15km/Lくらいまで伸びる! 通勤用の相棒として使ったってまったく負担にならない燃費です。そればかりか、多少元気よく走っても12~13km/Lといったイメージ。ライトウェイトスポーツはECOですね!

■トヨタグランエース 極上の乗り心地

 ハイエースの兄弟だと思ってグランエースに試乗したら、心底たまげた! ハイエース、走りの質感は働くクルマから一歩も出ていない。

 ところがグランエースときたら、乗り心地のよさに驚くばかり。例えばボディ剛性。荒れた路面を通過したってミシリとも言わない。

 そのうえで、新設計となっているリアサスが滑らかにストロークするのだった。

乗り心地の質感、ミニバンNo.1! 乗ってみたからこそわかること!

 トドメはステアリングフィール。チョロチョロするハイエースと違い、ドッシリしてます。商用車的な外観からすれば、いい意味で激しくインパクト受ける。

 乗り心地の質感、アルファードを含め、日本で販売しているミニバンじゃダントツにいい。

 ふつうの人だと乗る機会がほとんどないのは残念なこと。送迎専用車として使うの、もったいない。ファミリー仕様もぜひ!

【番外コラム】この長所はほかには「ズバ抜け」なクルマ。渡辺陽一郎さん、教えてください!

 軽スーパーハイトワゴン以外の軽で後席が広いモデル? エブリイワゴンだね(写真)。前席と後席のヒップポイント間が1000mmもあり、驚きの広さ。またアルトやミライースも意外と広く、空間効率が高いプラットフォームを採用しているのがミソ。ミドルサイズセダン並みだけど、座面に奥ゆきがないので座り心地は……チープですけどね。

 コンパクト輸入車で? ルノーキャプチャーしかない。後席の二ークリアはこぶし2個ぶんあり、CX-5とほぼ同じ。輸入車にしては意外な広さですよ。

 新車価格で「最も安い=長所」にすると何か? ハイゼットカーゴが約95万円だけど、N-VANが推し。先進安全装備付きで約129万円、これはほかに負けない長所といえる。逆に「高い軽」はN-BOX。最上級は乗り出し価格で230万円ほどになるから。あ、これは短所かな(笑)。

●【画像ギャラリー】能ある鷹は…!? 新たな魅力が明らかになった6台をギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します