サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「大味」「直線番長」は思い込みだった! レーシングドライバーが乗って「走りに驚いた」アメ車3台

ここから本文です

 この記事をまとめると

■ミッドシップ化した新型が話題のコルベットは過去モデルも走りが良かった

いまの日本には存在しない「熱」がある! 日本に導入されれば「当たりそうな」アメ車4選

■日本車イーターとして開発され失敗に終わったネオンも走りのバランスは絶妙だった

■ミニバンであるアストロにもシボレーのスポーティなDNAが注ぎ込まれていた

 世界耐久選手権での活躍が示すアメリカンスポーツの実力

 アメリカ製スポーツカーと言えば、最近登場した「シボレー・コルベット」を思い浮かべる。その最新モデルは伝統のFRレイアウト(フロントエンジン後輪駆動)を廃し、ミッドシップレイアウトとなっていて驚きを与えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン