サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「GT-R」「86」「インプレッサ」がド肝を抜かれるマシンに! ワークスが「採算度外視」で作った超本気モデル5台

ここから本文です

メーカー公認の高品質なチューニングモデル

 メーカー自らが手を入れたカスタマイズモデルは非常に多く存在していて、中には純正のオプションパーツを標準装備しただけというお手軽なものから、メーカー(もしくは直系ブランド)だからこそ造れたと言えるスペシャルなモデルまで幅広い。

「シルビアNISMOにサニーNISMO?」 ファンでも記憶から抜け落ち気味なニスモ車5選

 そこで今回は、メーカーが本気を出して作り上げたチューニングモデルを紹介。なかには採算度外視と思えるものや、個人が同じ仕様を作ったらいくらかかるか分からないといったものまでさまざまだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ