サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCドイツ:勝田貴元、3日目終えて10番手。難路面に苦戦も……大きなミスはなし

ここから本文です

WRCドイツ:勝田貴元、3日目終えて10番手。難路面に苦戦も……大きなミスはなし

WRCドイツ:勝田貴元、3日目終えて10番手。難路面に苦戦も……大きなミスはなし

 TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにより、WRC第10戦ラリー・ドイチェランドで、初めてヤリスWRCを駆ってWRCクラスに挑んでいる勝田貴元。競技3日目を終えた段階で、総合10番手につけている。

 ラリー・ドイチェランドは狭い農道が中心のターマック・ラリーとなっている。競技3日目を終えた勝田は、路面のグリップ変化に苦しめられたと話した。

■WRCドイツ土曜日:ライバル脱落でトヨタがトップ3独占、勝田貴元は10番手

「グリップが毎コーナー、10メートルごとに変わるようなところもあって、とても難しかったです」

「同じストレートで、3回もグリップが変わっているような感じでした。ブレーキングの時にグリップがあると感じていても、10メートル後にはそれが変わってしまうんです。(グラベルより)間違いなく難しいです。こんな感覚は初めてでした」

 競技開始前には、今回の目標は”経験を積むこと”だと話していた勝田。SS14ではタイヤのエアー抜けに見舞われるなどトラブルもあったが、堅実に走行を重ねているようだ。とはいえ、彼はまだヤリスWRCを完全には理解出来ていないと言う。

「1カ所ブレーキングでミスをしてしまいましたが、それほど大きなミスではありませんでした。クリーンに走るようアドバイスされていましたし、かなり注意深く走りました。自分に何ができるのかを知るには、それしかありませんからね」

「まだクルマを信頼できていないんです。クルマはよく機能しているんですが、まだ自信は感じられていません」

 最終日のステージは4本合計で79.50km。ぶどう畑の間を駆け抜ける狭路で、勝田がヤリスWRCを自分のモノにできるかどうか……次に勝田がヤリスでWRCに挑む第13戦ラリー・スペインにも活きてくるはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します