サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 溝があっても実は危険? 使ってはいけないタイヤの条件と見分け方

ここから本文です
 クルマに関するパーツのなかで、最も身近なパーツと言っても過言ではないタイヤ。皆さんはどのようなタイミングで交換していますか?

 「溝が少なくなってきたら」「スリップサインが出てきたら」といった漠然としたイメージはあるものの正確な交換タイミングは意外と知られていないのが実態ではないだろうか。四輪を支えるタイヤ。実は溝が残っていても使ってはいけない場合もある。

おすすめのニュース

サイトトップへ