サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 乗員ステータスを予測する広告 アイシン精機が実証実験を実施へ

ここから本文です

アイシン精機は、「次世代広告システム」の実証実験を愛知県の知多半島エリアで3月から実施すると発表した。

次世代広告システムは、アイシンが開発した移動中の乗員ステータスを予測するリズムプラットフォーム「RHYTHM PFM」を使って目的地やクルマの位置、道路の混雑状況などに合わせて、音声コンテンツとともに、目的地とその周辺の店舗・施設の商品・サービスを伝える音声広告を随時配信する。

アイシンではこれまで、出発から目的地に到着するまでに変化する乗員の感情や行動と、広告効果の関係に着目してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ