サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1モナコFP3速報:ペレスがトップタイム! 2番手にルクレールが続く。角田裕毅11番手

ここから本文です

 F1第7戦モナコGPのフリー走行3回目が行なわれ、レッドブルのセルジオ・ペレスがトップタイムだった。

 舞台となるモンテカルロ市街地サーキットは、狭く曲がりくねったコースレイアウト。決勝レースでは追い抜きが非常に困難だと予想されるため、予選順位が非常に重要視されている。

■F1メカ解説|モナコGPに持ち込まれた超ハイダウンフォース仕様マシン:モナコGPピットレーン直送便

 そのため、FP3では予選に向けて各車はソフトタイヤでの予選想定ラップを続け、タイムを更新していった。

 その結果ペレスが1分12秒476でセッショントップ。2番手にフェラーリのシャルル・ルクレール、そのチームメイトのカルロス・サインツJr.が3番手となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ