サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、F1アメリカGPはPU交換でグリッド降格へ「それでも前を向いていく」

ここから本文です

 アストンマーチンは、F1第17戦アメリカGPでセバスチャン・ベッテルのマシンのパワーユニット(PU)を交換し、グリッド降格ペナルティを受けることを決めたようだ。

 F1ではPUの各コンポーネントに年間の使用数制限が設けられているが、今季はすでに多くのドライバーがグリッド降格ペナルティを受け、その割当を超える数のコンポーネントを導入している。

■F1で磨いてきた技術と人材。ホンダ浅木LPL「苦しみながら戦ってきたからこそ、急激に進歩できた」

 中でも、メルセデスは内燃機関(ICE)に信頼性の問題を抱えているようで、バルテリ・ボッタスがイタリアGPとロシアGPの2戦連続で新たなコンポーネントを導入し、グリッド降格ペナルティを受けている。

おすすめのニュース

サイトトップへ