サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗】レーシングDNAを受け継いだゴルフ7GTIの集大成! 最強のTCRをワインディングで試す

ここから本文です

【試乗】レーシングDNAを受け継いだゴルフ7GTIの集大成! 最強のTCRをワインディングで試す

 ベースモデルから60馬力もアップしたエンジン

 日本に上陸したゴルフとしては、史上最強のGTIがTCRである。TCRとはWTCR=ワールド・ツーリングカー・カップを意味する。世界のレース界では「GTカー」によるGT3及び、GT4カテゴリーが人気上昇中。

レーシングDNAを注入! 最強のVWゴルフGTI「TCR」が600台限定で発売

 WTCR=TCRは「ツーリングカー」をベースとしたレースで、世界各国でシリーズ戦が行われ盛り上がりを見せるカテゴリー。ゴルフ「GTI TCR」は、そのレース仕様TCRをモチーフにしたロードゴーイングモデルとして、限定600台で販売される。限定の文字に心躍るが、とくにGTIファンにとればパワーユニットと駆動系の違いから、走行特性をより大きく変化させることも含めて憧れの1台と言えそうだ。

 エンジンは型式Dで始まるDNU型で、レース用のベースにもなる4気筒2Lガソリンターボから、290馬力/5400~6500rpm、38.7kgm/1950~5300rpmのパワーとトルクを発生し、7速DSGを介して前輪で駆動する。

 標準の「GTI」のエンジンはCHH型で、230馬力/35.7kgmのスペックだから「TCR」はパワーで60馬力、トルクで3.0kgmそれぞれ上まわる。「GTIパフォーマンス」のエンジンはDJH型を搭載。これは245馬力/37.7kgmなので、それぞれ45馬力/1.0kgmとTCRが上まわる。

 なのだが数年前、姉妹誌CARトップで土屋圭市兄と筑波で乗り比べした「GTIクラブスポーツ」と、ふたりが口を揃えて“こっちがいい”と言わせた「ゴルフR」のパワーユニットが、GTI TCRを上まわる事実は何か!? 単純に考えて4モーション=4WDゆえに、車重で約90kg増加分をエンジンパフォーマンスで取り返す策である。ゴルフRのエンジン型式はDJX(DSG用でMTはCJX)。パフォーマンスはゴルフ最強の310馬力/5500~6500rpm、40.8kgm/2000~5400rpm(7速DSG用)を誇る。

 アンダーステアを感じさせないハンドリングはさすが!

 という余談はさておき、GTI TCRの魅力のひとつにアクラボヴィッチ社チタン製エキゾーストシステムによる、太く歯切れのレーシングサウンドがある。2輪、4輪のメーカーワークスチームがその性能と製造技術を認めるアクラボヴィッチ社の音色が、レスポンスをより鋭く感じさせているようにも思う。

 走行性能は235/35R19サイズのタイヤとそのグリップ力、エンジンスペックに合わせたサスペンションの引き締まった感覚が、最強のGTIに相応しい。乗り味は硬いと言えば硬い。とくに荒れた路面に対してリヤからのヒョコヒョコ上下振動は路面状況によって続くことはある。

 ショックアブソーバーの減衰特性をノーマル、コンフォート、スポーツと可変できる機能を使いこなせばある程度は抑え込めるが、まあそこもGTI TCRだと思えば、あばたもエクボで納得の範囲。やはりオーバー200km/hでのハンドリングや乗り味を重視すれば、こうなることは必然とも言える。

 ハンドリングは、旋回特性が明らかに変わった。試乗したのは山中湖周辺の峠道で、そこで電制油圧デフロックの威力は掴みにくいのだが、後日クローズドコースでパイロンスラロームを行った際には、明快な違いが感じ取れた。

 つまり前輪左右に生じる回転差を、イン側にブレーキ制御する“消極的”な方法ではなく、デフ内部のクラッチを“積極的”に使い左右の回転差を0~100%で制御できるデフロック=LSDをより緻密にコントロールできる感覚だ。

 パイロンスラロームの切り返しをコーナーの進入だと想定すると、GTI TCRは舵角を入れると同時にアクセルONしても前輪は外に逃げず、むしろ内側に向こうとする姿勢変化を抑える操作になった。つまり旋回中のアンダーステアが驚くほど出ないハンドリング特性。アクセルのON~OFFを多用するが、リヤはブレイクしない。つまり横方向にスライドしようとしない接地安定性はVWのポリシーなのだと思う。

 0-100km/hは5.6秒!! ゴルフGTI史上最速タイムはローンチコントロール・プログラムによる。

 ボディ色は欧州でいま流行りのグレー=ピュアグレーがTCR専用色。他にピュアホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクトの4色が用意される。ゴルフ7最後にして究極のGTIがTCRと言えることは間違いない。600台限定のプライスは509万8000円。限定の文字が踊る訳で、高いか買い得かは本人の価値感によるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します