サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【シリーズ3を解き放つ】EタイプUK アンリーシュドへ試乗 V12は6.1Lへ 後編

ここから本文です

最高出力405ps、最大トルク43.4kg-m

執筆:Matt Prior(マット・プライヤー)

【画像】本来の能力を拡張し解放 EタイプUK アンリーシュド 現代によみがえる名車たち 全118枚

翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)


EタイプUK社が手を加えたアンリーシュドの6.1L V12ユニットは、最高出力405psを発揮するという。オリジナルのEタイプ・シリーズ3は275psを生み出したが、現代に残る例の多くは、レストアしない状態では少なくない馬力が失われているはずだ。

ピストンのストロークが伸びたことで、最大トルクも増加した。

おすすめのニュース

サイトトップへ