サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ新型「アトレー」、なぜ好調? アウトドアニーズに着目 目標の8倍受注

ここから本文です

ダイハツ新型「アトレー」、なぜ好調? アウトドアニーズに着目 目標の8倍受注

時代に沿った、第三の居場所へ

ダイハツのアトレーが17年ぶりにフルモデルチェンジされ、昨年末から全国一斉に販売開始となった。

【画像】新型アトレーとデッキバン/スローパー【細部まで見る】 全41枚

今回のフルモデルチェンジにおける最大のトピックは、4ナンバー化(商用車化)されたこと。

これまで軽乗用車だったアトレーワゴンよりも、車体をスクエア化。フラットにもなる広い荷室を最大限に活かし、350kg(2名乗車時)の最大積載量を余すことなく活用できるようになった。

なんと、ダイハツが先ごろ発表した受注台数は、発売から1か月で月間販売目標の約8倍。

「使い尽くせるマルチBOX」と名付けられた、家・職場に次ぐ“第三の居場所”というコンセプトが受け入れられているようだ。

ここ最近、軽キャブワゴンにはレジャー、ワーケーション、車中泊など、新しい使われ方が広がっている。

商用車ならではの広い荷室に加え、乗用車感覚で使える装備、質感にこだわった内外装、そして、アトレー独自の工夫を多数採用しているので細部をチェックしていこう。

車中泊・アウトドアに便利な機能

まずは荷室。リアシートが水平格納式なので車中泊にも使えるのが売り。

さらにレジャー用途を想定し、イージーケアマットを採用。汚れたアウトドア用品を積んでも掃除がしやすい。

これに加えて、さまざまな荷物の取付け・固定に便利なユースフルナット(荷室ナット)とマルチフックが、オーナーそれぞれの使い道を広げてくれそうだ。

また、ポップアップ機構付きリアガラスは、車中泊時などに換気がしやすいのでいまの時代にぴったり。

ボトルホルダー、デッキサイドポケットなどの収納スペースも充実させている。

そして、オリジナル・アクセサリー(オプション)のラゲッジボードを組み合わせることで、キャンプやワーケーション時にテーブルを固定できる、スリット付きのデッキサイドトリムまで装備した。

商用だからって譲れない 実用性/ADAS

商用車に初めて触れるユーザーを意識した装備も注目である。

乗用車感覚の快適機能として、軽キャブオーバー・バンとして初めて、キーフリーシステム&プッシュボタンスタートを採用。

キャンプ時など、手がふさがった状態でもドアの開閉が便利な両側パワースライドドアや、両側スライドドア・イージークローザーもクラス初採用するという十全ぶりだ。

アウトドアでは、大雨や手元が暗いというシチュエーションに遭遇するから重宝するだろう。

また、年々高まる安全・安心へのニーズに応えるため、軽商用車でありながら「スマートアシスト」の全車速追従機能付きACCとLKCを装備し、長時間の高速走行時におけるドライバーの疲労を軽減してくれる。

デザイン面では、専用の内外装を取り入れており、全グレードにLEDヘッドランプを標準装備。

メッキフロントグリルの加飾パーツなど、アトレー専用のエクステリア・パーツを豊富に採用している。

アトレー・デッキバンとは

ハイゼット・カーゴで好評の「デッキバン」が、アトレーに新設定されたことも注目すべきポイント。

「ハイゼット・デッキバンG(充実装備)」「ハイゼット・デッキバンL(シンプル装備)」「アトレー・デッキバン」という3つのグレードから選べる。

アトレー・デッキバンは、アトレーならではの快適装備・質感にこだわった内外装デザインはそのままに、タフユースに応えるオープンデッキを備え、ターボエンジンによる力強い走りで幅広いレジャーニーズに対応する。

技術面では、新型アトレーは、商用車初のDNGAモデルとしてプラットフォームを一新し、新開発のFR用CVTを採用した。

燃費・静粛性・発進性などがレベルアップし、ボディ剛性も高く、足まわりも進化しているという。

一方で、買いやすさから人気がつづく軽キャン市場では、商用車ベースの軽キャンピングカーについて、走行性能・快適性の不満が聞こえるときがある。

乗用車のような乗り味・機能を望むユーザーには、遠出やキャンプの相棒として、新型アトレーに注目が集まるのも頷ける。

フルモデルチェンジされたアトレーの価格は、156万2000円(2WD)~182万6000円(4WD)。

アトレー・デッキバンの価格は、191万4000円(2WD)~206万8000円(4WD)。

アウトドアブームを支える新モデルとして、どのような使われ方をしていくか追いかけていきたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら