サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】山本尚貴、2年間ともに戦ったジェンソン・バトンに感謝「この経験は“大きな宝物”」

ここから本文です

 今季いっぱいでスーパーGTを離れることを決意したジェンソン・バトン。そんな彼とRAYBRIG NSX-GTでともに戦った山本尚貴にとっても、貴重な経験ができた2年間だったという。

 17シーズンに及ぶF1でのレースキャリアにピリオドを打った後、次なる活躍の場にスーパーGTを選んだバトン。山本ともにRAYBRIG NSX-GTをドライブし、フル参戦初年度の2018年は第6戦SUGOでの優勝を含む4度の表彰台を獲得。いきなりシリーズチャンピオンに輝いた。

■スーパーGT離脱を決めたバトン「新しい挑戦をするための決断、みんなに感謝」

 改めて当時を振り返った山本は、コンビ結成1年目でのチャンピオン獲得は“奇跡に近いこと”だったと語った。