サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW R18トランスコンチネンタル/R18B試乗「サイズも1800ccエンジンも快適性も、全てが超弩級のクルーザー」

ここから本文です

BMWの水平対向エンジンで史上最大の排気量となるR18シリーズ

1923年のR32以来、BMWモトラッドの象徴でもあるボクサーエンジン(水平対向2気筒)で史上最大の1801ccという排気量を実現し、これをロー&ロングな車体に搭載するクルーザーモデル「R18」シリーズ。
そのフル装備バージョンといえる「R18トランスコンチネンタル」、そしてバガースタイルのスポーツツーリングバージョン「R18B」が日本に上陸開始した。

【画像16点】1800ccの2気筒、車重440kg、BMW製超巨大クルーザーの足着きや装備を写真で解説

R18の1801ccOHV空油冷2気筒エンジン自体、環境問題などを考慮したダウンサイジングという世界的トレンドに逆行するような強烈な個性である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ