サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ、次期デミオにディーゼル車を設定

ここから本文です
 マツダは10日、コンパクトカー“デミオ”の新型に新たに1.5リッターディーゼルエンジン搭載車を設定すると発表した。新エンジン“SKYACTIV-D 1.5”は、ポスト新長期規制をクリアする、いわゆる“クリーンディーゼル”と呼ばれるもの。スペックは最高出力105ps/4000rpm、最大トルク250Nm/1500-2500rpm。

 “SKYACTIV-D 1.5”は、CX-5などに採用されているSKYACTIV-D 2.2と同様に、高い燃焼効率を実現している。高価なNOx後処理装置を採用することなく、世界的に厳しい日本のポスト新長期規制や欧州のユーロ6をクリアする。

おすすめのニュース

サイトトップへ