サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 スペインGP】初日はハミルトンがトップでメルセデスのワンツー…角田裕毅が7番手

ここから本文です
スペイン・カタルニアサーキットで7日、F1第4戦スペインGPのフリー走行が行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2番手タイムを記録し、メルセデス勢がワンツーで締めくくった。

先週のポルトガルGPに続き今週はスペインGP。今シーズン初の連戦はイベリア半島の2国が舞台となった。フリー走行2回目は開始20分を過ぎた辺りからソフトタイヤでのタイムアタック合戦が繰り広げられ、まずはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分18秒309を記録してトップに立ったが、直後にルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分18秒170で逆転しトップに浮上した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン