サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【三菱ふそうに聞くトラックデザインの奥義】その1:ブラックベルトのアイデンティティ

ここから本文です
“ふそうブラックベルト”をご存知だろうか? 三菱ふそうトラック・バス(以下、三菱ふそう)のアイデンティティを表現する黒い帯状のグリル。2017年発売の小型電動トラック『eeキャンター』で最初に採用した後、18年10月には小型バス『ローザ』に、19年2月に大型観光バス『エアロクイーン』に、そして20年10月には小型トラック『キャンター』に、相次いで展開されてきた。

トラック/バスの業界で、一貫したイメージをこれほど明快に表現するのは珍しい。さらに言えば、トラックだけでなくバスにも共通のデザイン・アイデンティティを打ち出したのは、世界的に見ても異例だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン