サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JVCケンウッド、前後2カメラ型ドライブレコーダー 明るさ調整機能を搭載

ここから本文です
 JVCケンウッドは、ケンウッドブランドから前後2カメラ型ドライブレコーダー2種を1月下旬に発売すると発表した。夜間や暗所の性能を強化し、前後2カメラ型ドライブレコーダー市場のシェア拡大を狙う。

 前後カメラには広範囲の記録が可能でF(絞り)1・8と明るさが特徴のレンズを採用した。高感度CMOSセンサー「スタービス」を搭載し、独自のチューニングで画質を向上させた。7段階で調整できる「明るさ調整機能」を搭載し、スモークガラスなどでも明るく鮮明な記録ができる。HDR機能の搭載で、トンネルの出入り口など明暗差の大きい場面でも安定した録画を実現した。

おすすめのニュース

サイトトップへ