サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 憧れの“タンドラ”がモデルチェンジ。極大グリルで、ワイルド成分マックス

ここから本文です
C-1500、F-150、ラム。フルサイズと呼ばれるアメリカンピックアップの需要を満たすトヨタのトラックが、タンドラだ。初代タンドラはセルシオのエンジンをベースとし、まったく不安感のない「日本製フルサイズトヨタ」の品質が魅力だった。2022年モデルとして発表されたタンドラは、サードジェネレーション。他ブランドに倣って、これでもかというほどの押しの強いフェイスが魅力。昨今のヤリスなどとも通じるデザイントーンで、北米マーケットを狙いうちに。

おすすめのニュース

サイトトップへ