サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダが医療現場で活用可能なフェイスシールドの供給をスタート

ここから本文です

広島県内の産官が連携

マツダは5月26日、広島県と広島県広島市のジェイ・エム・エス、広島県福山市の石井表記と連携し、医療現場で活用可能なフェイスシールドの供給を開始したと発表した。

マツダのバーチャルレースカー、「RX-VISION GT3 COCEPT」のオンライン提供がスタート!

マツダでは5月25日にフェイスシールドフレームの生産を開始、5月26日から順次納入していく。フェイスシールドフレームは石井表記が生産するシールドフィルムと組み合わせ、初回分として約5000個を広島県を通じて地域の医療機関に届けるという。
このフェイスシールドは、ソーシャル・ディスタンスの確保が困難なマツダとその関連会社においても活用されるとのことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ