サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツが運転席まわりをほぼスマホ化!? 「ハイパースクリーン」世界初公開 新型Sクラスに採用

ここから本文です

■クルマの内装が「スマホ化」した?

 メルセデス・ベンツは、世界最大級のIT・家電ショー「CES」のオンライン開催で米現地時間2021年1月11日に、次世代車内システム「ハイパースクリーン」を世界初公開しました。

【画像】「もはやスマホじゃん!」大型車載タッチスクリーン「ハイパースクリーン」を見る(10枚)

 見た目は、ダッシュボードの全体が大きなスマホになったような雰囲気がある、大型タッチスクリーンです。横方向の長さは141センチ、総面積は2432.11平方センチに及び、車両の最終組立工場ではひとつの部品として取付けされます。

 日本車でも、こうしたシステムが当たり前となる時代が、もうじきやってくるのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ