サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ 倉石副社長「半導体影響も今期利益目標は守り切る」…2021年3月期営業利益は4%増の6602億円に

ここから本文です
ホンダは5月14日、2021年3月期の連結決算をオンラインで発表した。コロナ禍の影響があったものの、一時的な増益要因もあって国内乗用車メーカーでは唯一、営業利益、純利益とも増益になった。

今期(2022年3月期)の営業利益は横ばいの6600億円を予想している。前期の四輪車グローバル販売は5%減の454万6000台となり、2期続けて500万台を下回った。小売りベースでは主力の米国が9%減の139万5000台となったものの、中国は25%増の179万5000台と大きく伸ばし、過去最高を記録した。

おすすめのニュース

サイトトップへ