サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「電池は高価で無駄」 英国人起業家の理念は届く? 小さな燃料電池車にかけた自動車の未来

ここから本文です

2人乗りの燃料電池車が見せる未来

ヒューゴ・スパワーズ氏は、自動車を再発明するだけでなく、自動車所有のあり方も変えようと考えた。テスラのCEOも、スパワーズ氏の会社リバーシンプル(Riversimple)が自らに課した仕事のスケールの大きさには注目すべきだろう。

【画像】クルマの再発明を目指す起業家【リバーシンプルのモデルを写真で見る】 全8枚

2001年に会社を設立して以来、元レーシングチームオーナーであるスパワーズ氏の人生において、最も重要な位置を占めてきたのが、この2人乗りのカーボンファイバー製燃料電池車「ラーサ(Rasa)」である。

おすすめのニュース

サイトトップへ