サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポジティブな言葉は本心なんだ……リカルド、無線での“励まし”は期待のシルシ?

ここから本文です


 F1アブダビGPのクールダウンラップ中に、ルノーのダニエル・リカルドは無線でチームを来季に向けて励ますような言葉を発していたが、彼は本心からそういった内容を話したと語っている。

 ルノーは今季、フランスGPでのアップデートが期待通りの効果を発揮せず、そこから行き詰まってしまった。その後ルノーはアップデートを行なって改善しようとするも、風洞施設が数週間作動しなかったことにより妥協を強いられてしまっていた。

■ルノー、ランキング5位を死守!「最悪の事態は避けられた」とリカルド安堵

「みんなありがとう」

「でも来年はもっと良くしていこう。僕は本当にそうなっていくと思ってる。やってやろうぜ!」と、リカルドは話した。

おすすめのニュース

サイトトップへ