サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1が失った”原因不明”の0.5秒。「フェルスタッペンにアンダーカットされた理由が分からない」

ここから本文です
 F1フランスGPは、ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がターン2でコースオフ。ルイス・ハミルトン(メルセデス)が首位に立ち、フェルスタッペン、バルテリ・ボッタス(メルセデス)というオーダーとなった。

 レース序盤、ハミルトンは3秒以上のリードを築いた。しかし17周終わりにボッタスがピットストップ。これに反応したフェルスタッペンが18周が終わったところでピットに入った。ハミルトンはさらにその翌周、ピットに入った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン