現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > なんでこんなに苦戦するの! メルセデスのウルフ代表、F1サンパウロGPは「受け入れがたい。最悪のレースウィークだ」

ここから本文です

なんでこんなに苦戦するの! メルセデスのウルフ代表、F1サンパウロGPは「受け入れがたい。最悪のレースウィークだ」

掲載
なんでこんなに苦戦するの! メルセデスのウルフ代表、F1サンパウロGPは「受け入れがたい。最悪のレースウィークだ」

 インテルラゴス・サーキットで開催されたF1サンパウロGP。メルセデスは今回アメリカとメキシコ戦のような好調は示せず苦しんだ。この状況をチームのトト・ウルフ代表はかなり苦々しく思っているようだ。

 メルセデスはアメリカGPとメキシコシティGPで共にルイス・ハミルトンが2番手フィニッシュ。競争力を上げた状態で、昨年唯一となる白星を挙げたインテルラゴス・サーキットへと向かった。

■フェラーリ、まさかの0周クラッシュを説明。電子制御の問題が事故を誘発「ルクレールにはどうにもできなかった」

 ただ昨年のようにメルセデスは強さを発揮できなかった。スプリントこそジョージ・ラッセルが4位に入ったが、タイヤのデグラデーション(性能劣化)に苦しんだことは明らかで、決勝ではハミルトンがトップから1分以上の差を付けられる8位フィニッシュ。一方でライバルでメルセデスPUを使うマクラーレンはランド・ノリスが2位、アストンマーチンのフェルナンド・アロンソが3位という結果をもぎとっている。

 メルセデスのトト・ウルフ代表はサンパウロGPのレースウィークで示されたパフォーマンス不足はチーム混乱させるもので、無視すべきではないと語った。

「パフォーマンスは揺れ動いているが、最速に近い位置から8位に終わるような揺れではないはずだ」

「個人的には、この13年間で最悪のレースウィークだ」

「全く理解できないと同時に、我々みんなにとって受け入れがたいモノだ。我々はしっかりした構造を持つ堅固なチームなんだ。しかし(今回は)そういうチームには見えなかった」

「この3連戦で、我々は力強い2位を獲得しているし、マックス(フェルスタッペン/レッドブル)にも挑戦してきた。その1週間後には、今のポジションになってしまう。これは受け入れがたいことだと思う」

 サンパウロGPでの苦戦原因について、メルセデスはシンプルな答えは無いと語っている。ただウルフ代表としては車高セッティングが保守的すぎたかもしれないと語っている。

 メルセデスはアメリカGPでハミルトンが2番手フィニッシュしたが、プランクが摩耗しすぎていたことから失格になってしまった。その反動で車高を保守的に設定したようだが、同時にウルフ代表はパフォーマンス不足について完全に説明のつく理由にはならないとしている。

「我々はマシンを高い車高で走らせていた。ただそれがパフォーマンスの観点から大きく離されてしまった主要な原因ではないだろう」

「メカニカルな何かが間違っているんだ。リヤウイングではないし、車高が少し高いからではない。なぜなら1ミリや2ミリメートルについての話だからだ。それもパフォーマンスに繋がってくるが、この大幅低下の説明にはならない」

 この状況は、チームが12ヵ月間で何も学なかったことを意味しているのか? そう訊かれたウルフ代表は、次のように答えている。

「不可解だ。本当に速いクルマや、バランスもベストでドライバーの満足するクルマから、悪夢のようなクルマまで。どうやったらそれが可能なんだ」

「何がどうなっているのか? どこが正しくないのか? 今後数日でマシンを分析し、メカニカルな問題があったとしても、驚かないだろう。ただどうなるかは今は分からない」

こんな記事も読まれています

F1には“全開レース”が必要だ。メルセデスF1代表、2023年カタールGPから着想「今はタイヤマネジメントが全て」
F1には“全開レース”が必要だ。メルセデスF1代表、2023年カタールGPから着想「今はタイヤマネジメントが全て」
motorsport.com 日本版
フェラーリ、レッドブルに挑むためなら今年の強みも捨てる? 「どこでも速くなるためには有り得る」とサインツJr.
フェラーリ、レッドブルに挑むためなら今年の強みも捨てる? 「どこでも速くなるためには有り得る」とサインツJr.
motorsport.com 日本版
今季19勝のフェルスタッペン、付け入る隙はあるのか? フェラーリのバスール代表「プレッシャーをかければ彼だってミスをする」
今季19勝のフェルスタッペン、付け入る隙はあるのか? フェラーリのバスール代表「プレッシャーをかければ彼だってミスをする」
motorsport.com 日本版
ルクレールは真のスポーツマンだ! メルセデス代表、卑怯な戦術を使わなかったライバルを称賛
ルクレールは真のスポーツマンだ! メルセデス代表、卑怯な戦術を使わなかったライバルを称賛
motorsport.com 日本版
2024年の”ザウバーF1”マシンは面白いかも! ボッタス、来季は「コンセプトが変わって新しいクルマになる」
2024年の”ザウバーF1”マシンは面白いかも! ボッタス、来季は「コンセプトが変わって新しいクルマになる」
motorsport.com 日本版
もう取りこぼしはゴメンです。フェラーリF1代表、2024年に向けて逃したポイントを”リストアップ”
もう取りこぼしはゴメンです。フェラーリF1代表、2024年に向けて逃したポイントを”リストアップ”
motorsport.com 日本版
昨年4勝、今年1勝。フェラーリF1代表「開幕前の期待値が高すぎた」と2024年に向けて気を引き締める
昨年4勝、今年1勝。フェラーリF1代表「開幕前の期待値が高すぎた」と2024年に向けて気を引き締める
motorsport.com 日本版
F1は実力主義の世界。メルセデス代表、レッドブル独走による“ファン離れ”阻止はライバル次第「より良い仕事をしなくては」
F1は実力主義の世界。メルセデス代表、レッドブル独走による“ファン離れ”阻止はライバル次第「より良い仕事をしなくては」
motorsport.com 日本版
ピレリ、2024年のF1開幕3レースに持ち込むタイヤコンパウンドを発表。オーストラリアGPは1段階やわらかい組み合わせに
ピレリ、2024年のF1開幕3レースに持ち込むタイヤコンパウンドを発表。オーストラリアGPは1段階やわらかい組み合わせに
motorsport.com 日本版
レッドブル、2023年は記録的圧勝も……いつか支配は終わる?「2020年のメルセデスもそうだったから」とホーナー代表
レッドブル、2023年は記録的圧勝も……いつか支配は終わる?「2020年のメルセデスもそうだったから」とホーナー代表
motorsport.com 日本版
シーズン後半わずか1ポイント……最下位に終わったハース「序盤はライバルの苦戦で弱点が隠れていただけ」
シーズン後半わずか1ポイント……最下位に終わったハース「序盤はライバルの苦戦で弱点が隠れていただけ」
motorsport.com 日本版
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
motorsport.com 日本版
驚異のルーキーシーズンを過ごしたピアストリ。マクラーレン代表は「学習の早さと冷静さ」に感銘
驚異のルーキーシーズンを過ごしたピアストリ。マクラーレン代表は「学習の早さと冷静さ」に感銘
motorsport.com 日本版
アロンソ、F1アブダビGPでのハミルトンに対する“ブレーキテスト”を否定。減速は「DRSを得るため」の策略と説明
アロンソ、F1アブダビGPでのハミルトンに対する“ブレーキテスト”を否定。減速は「DRSを得るため」の策略と説明
AUTOSPORT web
2023年はアロンソにとって最高のシーズン!「大事なのは、喜びのエネルギーを来季にも残すこと」
2023年はアロンソにとって最高のシーズン!「大事なのは、喜びのエネルギーを来季にも残すこと」
motorsport.com 日本版
フェラーリF1代表、アブダビGPでのルクレールの戦術を正解と語る。メルセデス陣営はスポーツマンシップを称賛
フェラーリF1代表、アブダビGPでのルクレールの戦術を正解と語る。メルセデス陣営はスポーツマンシップを称賛
AUTOSPORT web
“アブダビ騒動”の後、F1引退もよぎったルイス・ハミルトンが今も現役な理由「感情で物事を決めるのは良くないことだと思った」
“アブダビ騒動”の後、F1引退もよぎったルイス・ハミルトンが今も現役な理由「感情で物事を決めるのは良くないことだと思った」
motorsport.com 日本版
ノリス、マクラーレンF1は名門復活に向けて「正しい道を進んでいる」2023年は飛躍の年に。2024年はさらなる躍進を狙う
ノリス、マクラーレンF1は名門復活に向けて「正しい道を進んでいる」2023年は飛躍の年に。2024年はさらなる躍進を狙う
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村