サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大鶴義丹が試す「アフリカツイン、極低速に効く点火系チューン」

ここから本文です

ご存じ、ベテラン俳優の大鶴義丹氏がダートバイクのコアなファンであることは、わりと知られているところ。様々な雑誌でも連載を書いていて、ライダーとしてもベテランだ。さらには、デカイバイクでもガンガンオフへ入っていく、スキルも持ち合わせている。そんな大鶴氏が愛車としているCRF1000Lアフリカツインアドベンチャースポーツに、点火チューニングを施すというので帯同させてもらった。

点火系チューニングは、車種を選ばない
大鶴氏が目をつけたのは、オカダプロジェクトのプラズマブースターだ。

35年の歴史に幕、ヤマハが「セロー250」のファイナルエディションを発表

昔から点火系チューニングとして名のあるプラズマブースターは、幅広い車種設定も魅力。

おすすめのニュース

サイトトップへ