サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レジャー用から世界戦マシンまでバラエティ度が加速!? 人気の250ccクラスと、期待したい新たな刺客!

ここから本文です

■バラエティ豊かな250ccクラス

 国内4メーカーがラインナップする、250ccクラスのロードスポーツ注目機種に乗り、後日じっくり各車を復習しました。

「こんなのセローじゃない!」 2018年に復活を遂げたヤマハ「セロー250」の敵は「セロー」だった

 価格(消費税10%込み)だけを見たら、カワサキ「Ninja ZX-25R ES KRT EDITION」の91万3000円を筆頭に、ホンダ「CBR250RR」のグランプリレッド(ストライプ)を選べば85万4700円、ヤマハ「YZF-R25 ABS」が65万4500円、スズキの「ジクサーSF250」は48万1800円と、同クラスでありながら、その数値だけを見ると“これも格差社会か?”と考えてしまいます。

おすすめのニュース

サイトトップへ