サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスが公開した楽しすぎるコンセプトカー「NX PHEV OFFROAD Concept」と「ROV Concept」

ここから本文です

レクサスが公開した楽しすぎるコンセプトカー「NX PHEV OFFROAD Concept」と「ROV Concept」

レクサスが公開した楽しすぎるコンセプトカー「NX PHEV OFFROAD Concept」と「ROV Concept」

ROV Concept/NX PHEV OFFROAD Concept

LEXUSは、2022年1月14日(金)から16日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉市)で開催された東京オートサロン2022に、「NX PHEV OFFROAD Concept」と「ROV Concept」を初出展した。

これなら買える!911ターボとタルガを組み立てられる大人向けの2in1レゴ「レゴ ポルシェ 911」

今回出展する2台のコンセプトカーは、カーボンニュートラル社会の実現と、顧客の選択肢を拡げ、多様なライフスタイルの提案に挑戦するLEXUSの想いを体現したモデル。自然と共生しながら、顧客にクルマがもたらす上質で楽しいライフスタイルや走る楽しさの両立を目指している。

NX PHEV OFFROAD Concept(アイアンオキサイド)

NX PHEV OFFROAD Conceptは、2021年11月に発売開始したLEXUS初のPHEVモデルである「NX450h+」をベースに、EV走行とHV走行がもたらすCO2排出をおさえた優れた環境性能や上質な走りと、電動モーター駆動ならではの低μ路面での安心の走破性を提供。加えて、悪路走破性に優れた大径のオールテレーンタイヤとホイールの装着や、ブロンズとブラックのマット塗装によるエクステリアのカラーコーディネートなどのカスタマイズを施した、アドベンチャーライフスタイルを提案するモデルとなる。

ROV Concept(アイアンオキサイド)

ROV Conceptは、コンパクトなボディサイズとROVならではの悪路走破性を備え、乗用車では味わえない走る楽しさや、雄大な自然との触れ合いを提供することを目指している。また、LEXUS初の水素エンジンを採用し、環境への配慮とエンジン車ならではのリアルなエンジンの鼓動を感じ取れる走りの楽しさを両立している。

※ROVとは、Recreational Off highway Vehicleの略。レスポンスの良さと、五感を刺激するサウンドを楽しみながらオフロード車でも行けない場所へ一歩踏み込み、自然と触れ合う事で、自然と共生しながら、走りを楽しむライフスタイルの実現を目指すコンセプトカー

LEXUS/PATHFINDER AIR RACING

また、本年開幕するエアレース世界選手権に「LEXUS/PATHFINDER AIR RACING」チームより参戦する、室屋義秀選手のエアレース機体Zivko Edge 540 V3の1/3スケールモデルを展示。LEXUSは、エアレース・パイロット室屋義秀選手とチームパートナーシップ契約を締結し、互いが持つ技術やノウハウをよりスピーディーにレース機の開発に繋げ、レースオペレーションも共に行なう。新たなチーム体制の下、室屋選手と「新生エアレース初代世界チャンピオン」という新たな歴史に挑戦していく。

また、過酷なエアレースを通じて得られる空力・冷却・軽量化の技術やノウハウを活かし、カーボンニュートラル社会の実現に向けた、もっといいクルマづくりを加速させていく。

NX PHEV OFFROAD Concept概要(市販モデルNX450h+からのカスタマイズ)

【主要諸元】

■ベース車両:LEXUS NX450h+
■ボディサイズ:全長4,660mm×全幅1,865mm×全高1,675mm
■パワートレーン:2.5L 直列4気筒 プラグインハイブリッドシステム
■フロントモーター/最大出力/最大トルク:(5NM)/134kW(182PS)/270N・m(27.5kgf・m)
■リヤモーター/最大出力/最大トルク:(4NM)/40kW(54PS)/121N・m(12.3kgf・m)
■駆動方式:E-Four(電気式4輪駆動方式)
■タイヤ&ホイール:265/65R17オールテレーンタイヤ&17インチ×7Jホイール

ROV Concept概要

【主要諸元】
■ボディサイズ:全長3,120mm×全幅1,725mm×全高1,800mm
■パワートレーン:1.0L 直列3気筒 DOHC4バルブ
■使用燃料:圧縮気体水素
■トランスミッション:シーケンシャルパドルシフト+リバース
■駆動方式:セレクタブル2WD&4WD with デフロック
■乗車定員:2名

〈パワートレーン〉
1.0Lの水素エンジンは、圧縮された水素を高圧タンクに貯蔵し、水素をダイレクトインジェクターで正確に噴射することで、環境への配慮とエンジン車ならではのリアルなエンジンの鼓動を感じ取れる走りの楽しさと水素の高速燃焼による応答性の高いトルクを実現。また、走行中のエンジンオイル消費をごく僅かに抑え、CO2排出をほぼ発生しないようにしている。

〈走行性能〉
頑丈なパイプフレームと軽量で小型なボディを採用し、LEXUS独自の乗り味「Lexus Driving Signature」を表現。また、トランスミッションはシーケンシャルパドルシフト+リバース、駆動方式はセレクタブル2WD&4WD with デフロックを採用。水素エンジンのレスポンスの高さと共に、ダイナミックなオフロード走行性能を実現。

〈デザイン〉
エクステリアでは、あらゆる自然環境に適したプロテクション・ケージや泥道を走るためのオフロードタイヤなどを採用。また、乗員を保護し、次世代LEXUSのデザインランゲージを追求したフロントグリル、石や泥のはね上げを防ぐフロントフェンダーを採用した。

さらに、リヤの水素燃料タンクにつながるサスペンションカバーは、機能部品の保護に加え、LEXUS SUVから受け継いだ耐久性を表現。また、L字型フロントヘッドランプ/リヤコンビネーションランプ、新型NXから採用されたリヤの「LEXUS」ロゴなど、次世代LEXUSのデザインランゲージを表現した。ボディカラーには、Iron Oxide(アイアンオキサイド)を採用。

インテリアでは、ドライバーが運転に集中でき、必要とする情報を瞬時に読み取れるシンプルなメーターを採用。さらに、上質な革のステアリングホイール、洗練されたシフトノブ、耐久性のある丈夫な合成皮革シートを採用した。

関連情報:https://lexus.jp/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します