サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「メルセデス・ベンツAクラス・セダン」にクリーンディーゼルの「A200dセダン」が追加!

ここから本文です

「メルセデス・ベンツAクラス・セダン」にクリーンディーゼルの「A200dセダン」が追加!

排ガスのクリーン度はクラスのトップレベル

メルセデス・ベンツ日本は、プレミアムコンパクトセダンの「Aクラス・セダン」に新しい直列4気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654q」を搭載した「A200dセダン」を追加。2月27日より予約注文の受け付けを開始した。消費税込みの車両本体価格は4,200,000円で、ユーザーへの納車は2020年4月頃を予定している。

最新のEQシリーズ? 「メルセデス・ベンツEQA」のテスト模様が公開!

Aクラス・セダンは、AクラスやBクラスなどに使用している最新の前輪駆動シャシーをベースにした初のプレミアムコンパクトセダン。セダンのフォーマルさとAクラス本来の若々しいイメージを融合。狭い街中でも持て余すことがない、コンパクトなボディサイズを特長としている。

また、対話型インフォテインメントシステムの「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザーエクスペリエンス)」や、フラッグシップモデルである「Sクラス」に採用されている最新の安全運転支援システムを搭載するなど、機能性の高さも魅力となっている。

今回追加された「A200dセダン」が搭載する2Lクリーンディーゼルは、すでに「Cクラス」や「Eクラス」で実績がある「OM654」をベースとして横置きに対応したユニット。従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒が増設されている。

その結果、欧州で今年から施行予定のEURO6d規制や、ステージ2RDE(実路走行試験)規制に前もって適合する環境性能が確認されている。その最高出力は150㎰(110kW)で、最大トルクは320Nmを発揮。コンパクトなボディを力強く加速させるパフォーマンスを発揮しつつ、低振動で優れた静粛性を両立している。全長をコンパクトにまとめたシリンダーブロックは、軽量化のためにアルミ製としつつピストンはスチール製を組み合わせて40%以上摩擦を低減。シリンダーウォールには、スチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工が施される。

ターボチャージャーは、可変タービンジオメトリーを採用。低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にしている。さらに、冷却された高圧EGRと低圧EGRを組み合わせた「マルチウェイ排出ガス再循環(EGR)」を搭載。燃焼の最適化を図り、排ガスの後処理を行なう前の段階で窒素酸化物を低減することが可能になった。

 

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します