サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コマツ、無人散水車開発…鉱山向け

ここから本文です

コマツ、無人散水車開発…鉱山向け

コマツは9月13日、鉱山向け無人ダンプトラック運行システム(AHS)上で、自動走行と自動散水が可能な大型オフロードダンプトラック「HD785-7(積載量91トン)」をベースとした無人散水車を開発したと発表した。

鉱山現場の生産活動では、周辺環境への影響や現場の視界を妨げる粉塵が多く発生。そのため、ダンプトラックをベースとした散水車が走行路での散水を行い、粉塵量を管理している。

有人散水車は、運転手が走行と散水制御を同時に操作する必要があり、運転ミスによる事故が発生しやすいという課題があった。

おすすめのニュース

サイトトップへ