サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディカー第8戦デトロイト・レース2:終盤の大逆転でオワードが今季2勝目。佐藤琢磨は12位

ここから本文です

インディカー第8戦デトロイト・レース2:終盤の大逆転でオワードが今季2勝目。佐藤琢磨は12位

インディカー第8戦デトロイト・レース2:終盤の大逆転でオワードが今季2勝目。佐藤琢磨は12位

 2021年インディカー・シリーズ第8戦デトロイト・レース2では、アロー・マクラーレンSPのパトリシオ・オワードが優勝。今季2勝目を挙げてポイントリーダーに浮上した。

 2日連続開催のダブルヘッダーであるデトロイト戦は、前日に第7戦が行なわれてマーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)が優勝した。70周で争われる第8戦のポールシッターはジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)で、彼は序盤から猛烈なペースで他を引き離すと、14周目には2番手以下に早くも10秒もの差をつけていた。

■インディカー第7戦デトロイト・レース1:エリクソンがインディ初優勝。佐藤琢磨4位

 そんな中、19周目にダルトン・ケレット(A.J.フォイト・エンタープライズ)がピットロード上でストップした際、コーションが出る可能性を考えてか、ニューガーデンはじめ彼を追いかけるコルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポーツ)、アレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)らが一斉にピットインしたが、コーションが出されることはなかった。ニューガーデンはレッドタイヤスタートのライバルに対し、ブラックタイヤスタートをチョイスしており、早めのピットストップをしたことで耐久性の劣るレッドタイヤでのロングスティントをこなさなければいけなくなった。

 レース終盤、ユーズドのレッドタイヤを労わりながら走る首位ニューガーデンに対し、ペースの良いハータがファステストラップを更新しながら迫ってくる。ついにその差は1秒を切り、ニューガーデン万事休すか……と思われた54周目、ジミー・ジョンソン(チップ・ガナッシ・レーシング)のスピンによって出されたコーションによってレース展開は大きく変わることになる。

 58周目のリスタート以降は、ニューガーデンがハータをジリジリと離す形に。一方勢いを失ったハータに代わって目の覚めるような走りを見せたのがオワードだった。オワードは58周目のリスタートでスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)のインに飛び込んで5番手に浮上すると、ロマン・グロージャン(デイル・コイン・レーシングwithリック・ウェア・レーシング)のマシンストップによるコーションが64周目に明けると、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)、パロウ、ハータを次々とオーバーテイクして2番手に上がった。

 オワードは勢いそのまま、摩耗したレッドタイヤに手を焼くニューガーデンに接近。残り3周でオーバーテイクして首位に立つと独走状態となり、トップでチェッカーを受けた。2位はニューガーデン、3位はパロウだった。なお、テキサスのレース2以来となる今季2勝目を挙げたオワードは、パロウを1ポイント上回って選手権リーダーに浮上した。

 19番グリッドからスタートしたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、スタート直後のコーションでレッドタイヤからブラックタイヤに交換する作戦も功を奏してか、じわじわと順位を上げていった。最後のリスタートを10番手で迎えた佐藤だったが、シモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)を攻略しようとした際に少しオーバーシュートし、2ポジションダウン。結果的に12位でレースを終えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します