現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > グループBマシンへ触発 MGモーター MG4 EX4コンセプトへ同乗 435psに不自然な沈黙

ここから本文です

グループBマシンへ触発 MGモーター MG4 EX4コンセプトへ同乗 435psに不自然な沈黙

掲載 1
グループBマシンへ触発 MGモーター MG4 EX4コンセプトへ同乗 435psに不自然な沈黙

グループBラリーマシンのメトロをイメージ

英国で最も有名なモータースポーツ・イベント、2023年のグッドウッド・フェスティバルで、ラリーマシンに影響を受けたMGへ同乗する機会が巡ってくるとは。正直、去年の今頃は予想もしていなかった。

【画像】グループBマシンへ触発 MG4 EX4コンセプト ベース車と競合BEV メトロ 6R4とRMLの復刻版フェラーリも 全140枚

筆者の目の前に停まっているのは、MGモーター MG4 EX4コンセプト。1980年代の世界ラリー選手権で暴れ回ったグループBマシンを想起させる、アグレッシブな容姿が強烈なインパクトを与える。

このプロトタイプを制作したのは、フェラーリ250 SWBの見事な復刻版を手掛ける、技術力に長けたRML社。2005年からは中国企業の傘下にあるMGモーターが、歴史に刻まれた自社のモータースポーツでの栄光を振り返るべく、生み出されている。

その象徴として選ばれたのが、1984年のMGメトロ 6R4と呼ばれるグループBラリーマシン。確かに40年ほど前のオリジナルとイメージが重なる、ドラマチックな容姿が与えられている。

フロントスプリッターが、除雪車のように突き出ている。フェンダーラインは大きく膨らんでいる。リアスポイラーはボディ後端からさほど飛び出ていないが、三角の翼端板は間違いなくやる気に満ちている。

ベースは量産モデルのMG4 Xパワー

ステアリングホイールを握るのは、英国ツーリングカー選手権で優勝経験を持つ、レーシングドライバーのダン・ロウボトム氏。レーシングヘルメットの正しい被り方すら知らない筆者は、助手席にライトグリーンのハーネスで縛り付けられる。

ヘルメット越しに、BMW M3やBMW 320d ツーリングカーの印象を、ロウボトムが気兼ねなく話してくる。家族を大切にする、落ち着いた男性のようだ。

このMG4 EX4コンセプトはツインモーターのバッテリーEVで、435psの最高出力を発揮し、0-100km/h加速を3.8秒でこなす。メルセデスAMG A 45より出だしは鋭い。見た目の好き嫌いはわかれるかもしれないが、それに見合った動力性能は備えている。

ベースとなっているのは、最近MGモーターが発表した、量産モデルのMG4 Xパワー。ちなみに、最高出力は変わらない。

2人を乗せたMG4 EX4コンセプトは、MG4 Xパワーに続いてグッドウッドへコースイン。目前でスタートしたMG4 Xパワーは、5秒後には姿が見えなくなった。

すぐに、われわれがスタートする番が来る。ロウボトムがアクセルペダルを踏み込む。僅かなラグの後に、30km/h、60km/h、90km/hと速度が急上昇していく。カウントが追いつかないペースで。

音響体験の欠如はバッテリーEVの課題

最初のコーナーで軽くブレーキング。アクセルペダルでバランスを整えながら、ストレート目掛けて加速していく。次のコーナーが接近しても、同様に彼はMG4 EX4コンセプトを操る。

今度はブレーキを強めにかけ、テールを僅かに流す。アクセルとブレーキで姿勢を整えながら、タイトなグッドウッドのラインを縫っていく。大勢の観客が待ち構えるメインストレートへ突っ込んでいく。

スティントが終盤に差しかかった頃、筆者はこの同乗体験に欠けているものへ気がついた。遅ればせながら。内燃エンジンのモデルなら必ず一緒といえる、凄まじいノイズがない。

回頭性はゴーカートのようにシャープ。しかし、その強烈な体験と相容れないように車内は静か。不自然にすら感じられる沈黙を、会話で埋めようとしている自分がいた。実際に体験するまで実感は湧きにくいと思うが、今までにない時間だった。

ヒョンデ・アイオニック5 Nやアバルト500eも、同様に静かだ。開発者はそれに気づき、少々誇張気味の人工的なエンジン音を再生する機能を与えている。好ましいと感じるかどうかは別として。

音響体験の欠如は、バッテリーEVのドライビング体験の課題としてまだ残されている。現在の技術や装置では、本物のエンジンが放つサウンドの刺激には届かない。

それでも、駆動用モーターが生む速さは圧倒される領域にあった。筆者の世界観を変えるほど。

こんな記事も読まれています

フォードとシボレーの新型GT3がセッションデビュー。宮田もレクサスで走行【IMSA公認テスト木曜Topics】
フォードとシボレーの新型GT3がセッションデビュー。宮田もレクサスで走行【IMSA公認テスト木曜Topics】
AUTOSPORT web
現実的な解答をまじめに追求したプリウス…島下泰久【日本カーオブザイヤー2023-2024】
現実的な解答をまじめに追求したプリウス…島下泰久【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
「最高速」→「ゼロヨン」ときていまは……最近のクルマの性能指標が「0-100km/h」加速になったワケ
「最高速」→「ゼロヨン」ときていまは……最近のクルマの性能指標が「0-100km/h」加速になったワケ
WEB CARTOP
トヨタが新しい「センチュリー」実車公開! セダンじゃない「SUVタイプ」10月下旬から生産!? 反響多い新モデル登場
トヨタが新しい「センチュリー」実車公開! セダンじゃない「SUVタイプ」10月下旬から生産!? 反響多い新モデル登場
くるまのニュース
装備が充実して見た目もスポーティでリーズナブル! アウディから特別仕様車「A3 Sportback / A3 Sedan Signature Edition」が登場
装備が充実して見た目もスポーティでリーズナブル! アウディから特別仕様車「A3 Sportback / A3 Sedan Signature Edition」が登場
WEB CARTOP
番狂わせがお好きでしょ? メーカーが多数参戦の一方でプライベーター減少もWECドライバーからは「性能調整があれば勝てる」の声
番狂わせがお好きでしょ? メーカーが多数参戦の一方でプライベーター減少もWECドライバーからは「性能調整があれば勝てる」の声
motorsport.com 日本版
【放送予告】第551回 12月9日放送
【放送予告】第551回 12月9日放送
Auto Prove
自ら”箱スカ”を所有するクルマ好き社長と建てた、クルマを整備するための新築「ガレージがある家」。【ガレージライフ】
自ら”箱スカ”を所有するクルマ好き社長と建てた、クルマを整備するための新築「ガレージがある家」。【ガレージライフ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
激震走る!?モデルカー業界の命運を左右する動きがついに…!【アメリカンカープラモ・クロニクル】第16回
激震走る!?モデルカー業界の命運を左右する動きがついに…!【アメリカンカープラモ・クロニクル】第16回
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長4.9m! 7人乗れる新型「高級3列シートSUV」発売! “豪華装備”とハイパワーエンジン搭載した「新型モデル」 1290万円から登場
全長4.9m! 7人乗れる新型「高級3列シートSUV」発売! “豪華装備”とハイパワーエンジン搭載した「新型モデル」 1290万円から登場
くるまのニュース
今週、話題になったクルマのニュース5選(2023.12.9)
今週、話題になったクルマのニュース5選(2023.12.9)
@DIME
フェルスタッペン脅威の1003周ラップリード! 2023年は合計10人が先頭走行を記録。角田裕毅が5周で8位にランクイン
フェルスタッペン脅威の1003周ラップリード! 2023年は合計10人が先頭走行を記録。角田裕毅が5周で8位にランクイン
motorsport.com 日本版
三菱自動車、「アウトランダー」「エクリプスクロス」をマイナーチェンジ アウトランダーは最大31万円値上げ
三菱自動車、「アウトランダー」「エクリプスクロス」をマイナーチェンジ アウトランダーは最大31万円値上げ
日刊自動車新聞
1億円超え! レクサス「和製スーパーカー」の高騰続く! 純白ボディ&青内装がカッコイイ「LFA」独で落札
1億円超え! レクサス「和製スーパーカー」の高騰続く! 純白ボディ&青内装がカッコイイ「LFA」独で落札
くるまのニュース
カスタム用語集Vol.14~「ロンスイ」……見た目重視と思われがちだが、うまく使えば直進安定性アップ!
カスタム用語集Vol.14~「ロンスイ」……見た目重視と思われがちだが、うまく使えば直進安定性アップ!
バイクのニュース
【岡崎宏司のカーズCARS】1980-90年代は日本車の黄金時代。初代ソアラでアウトバーンを激走し、1989年、世界に誇る名車の誕生を喜んだ
【岡崎宏司のカーズCARS】1980-90年代は日本車の黄金時代。初代ソアラでアウトバーンを激走し、1989年、世界に誇る名車の誕生を喜んだ
カー・アンド・ドライバー
ジャッキアップも特別な道具も不要!フォーサイトが軽量で高強度の繊維素材を使った布製タイヤチェーン「SUBENE」を発売
ジャッキアップも特別な道具も不要!フォーサイトが軽量で高強度の繊維素材を使った布製タイヤチェーン「SUBENE」を発売
@DIME
実車に忠実なデティールで迫力あるイメージを見事に捉えた名作!「フォード・サンダーバード1962」【丸餅博士のヴィンテージ・ミニカー・ワールド】
実車に忠実なデティールで迫力あるイメージを見事に捉えた名作!「フォード・サンダーバード1962」【丸餅博士のヴィンテージ・ミニカー・ワールド】
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

1件
  • メトロ6R4をオマージュするのなら、もうひと回り小さいベースモデルが欲しい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村