サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パトカーは300万円、消防車は3000万円超!? 「はたらくクルマ」はいくらで買える?

ここから本文です

パトカーは300万円、消防車は3000万円超!? 「はたらくクルマ」はいくらで買える?

■「はたらくクルマ=特殊車両」は専用装備が高い

 トラックやバスをはじめ、消防車やパトカーなど、「はたらくクルマ」にはたくさんの種類があります。はたらくクルマは子どもたちにも人気があり、ミニカーでも、スポーツカーやSUVなどを差し置いて、消防車やパトカー、バスなどが売れているようです。

フェアレディZは反則でしょ! カッコ良すぎるパトカー3選

 いろいろな種類のはたらくクルマが存在していますが、車両価格を明確にしている市販車とは違い、はたらくクルマの価格は意外と知られていません。

 はたらくクルマを新車で購入する場合、どれくらいの価格で買えるのでしょうか。

●大型トラック(8トンクラス)

価格:2000万円前後(荷台の形状により変動)

 高速道路などで見かける大型トラックは、エンジンと運転席などを含んだキャビンがベースとなり、これに用途に応じた荷台を載せています。

 通常のカーゴ(荷台)ではなく、冷凍や電動ウイング付きなどの専用装備を搭載することで、価格に差が出てきます。

●救急車

価格:500万円から1000万円以上

 救急車は、トヨタ「ハイエース」や日産「キャラバン」をベースにしたものがほとんどです。

 ただ人を運ぶだけのものは500万円前後なのですが、搭載される救急救命用の医療機材を積む高規格救急車になると1000万円以上になるようです。

●パトカー

価格:300万円前後(塗装・赤色灯・サイレン付き)

 パトカーは、その独特のカラーリングや赤色灯、無線などを装着する必要がありますが、基本的には入札によって市販車並みの価格で納入されています。

 ちなみに、交通機動隊が所有する車両は特別なチューンが施されているという噂もありますが、機密事項とされています。

●消防車(消防ポンプ車)

価格:3300万円前後

 消火栓や河川、池などから水をくみ上げて消火活動するためのコンプレッサーやホースなどを装備する特殊車両のため、具体的な金額は出てきませんが、だいたい3300万円前後になるようです。

●ショベルカー

価格300万円から7000万円前後

 工事現場で活躍するショベルカーは、小型から大型まであり、小型で300万円から800万円、大型は7000万円にもなるのだとか。

 ちなみに先端のアーム部分を取り替えることで、さまざまな用途に対応させており、その場合も数千万円クラスになるそうです。

●対人地雷撤去機

価格:3000万円から8000万円

 工事現場で働くブルドーザーをベースに開発される対人地雷撤去機。ある意味で究極の「はたらくクルマ」ですが、こちらのお価格はベースとなるブルドーザーとほぼ同額。仕事内容を考えると、むしろ安い気がしてきます。

※ ※ ※

 消防車や救急車、ゴミ収集車などは、通常の流通業(流通や配送・運搬など)とは違う専用装備が必要になります。とくに医療機器など高額な機材を搭載する救急車は、それだけでも高額になるようです。

■仕様が複雑すぎる!トラックはほとんどオーダーメイド

 はたらくクルマの代表ともいえるトラックですが、その価格はひとことでは表せないほど複雑です。

 その理由は、おもに荷台にあります。大抵のトラックは、ベースとなる車両自体もサイズなどによってグレード分けされているのですが、使用用途によって荷台のオプション装備が選べるため価格に差が出ます。

 トラックは、大きく分けて「平ボデー」と呼ばれるフラットな荷台のタイプと、砂利や土などを主に運搬するため荷台の鉄板の厚みが違う「ダンプ」があります。

 そしてベースとなる「平ボデー」タイプでも、標準キャブ(キャビン=運転席などを含む前方の部分)とワイドキャブ、ハイキャブ、ダブルキャブなどに分類されます。

 また荷台の長さも標準・セミロング・ロングと別れており、これに搭載されるエンジンが数種類、さらに2WD・4WDの駆動方式が選べるので、これだけでも10種類以上になります。
 
 さらに、鳥居の形状(キャビン部分と荷台部分の間にある仕切り)や、荷台の形状や高さ、荷台の周りを囲む側面のヘリの形状や開き方など、用途に応じてたくさんの組合せが存在します。

 トラックはほぼオーダーメイドになるため価格もさまざまで、正式な発注から納車までにかかる時間も市販車に比べると長くなってしまうのです。

 通常、はたらくクルマはディーラーで購入できますが、架装を専門におこなう業者も存在します。オークション主催者のスタッフは、次のようにいいます。

「荷台の改良などオプション扱いの装備は、メーカーでなく、基本的に架装を専門に行う業者が担当しています。希望のオプションを装着してはじめて納車になるわけです。

 そこで、架装業者が事前に車両を購入し、ある程度の装備を見込みとして装着し、完成した状態でオークションにかけるパターンもあります。

 これならすぐにクルマが必要な現場の人たちにとって、購入しやすく、納期も短くて済むというメリットがあります」

※ ※ ※

 日本の「はたらくクルマ」は海外でも人気が非常に高く、輸出されることも多いといいます。

 現在は少し落ち着いていますが、数年前はドバイが建設ラッシュで、オークションに出ている車両だけでは足りず、全国から集めたはたらくクルマが輸出されていたようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します