サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 海外メーカーのブランド力に頼っても売れなかった「悲運の共同開発車」3選

ここから本文です

海外メーカーのブランド力に頼っても売れなかった「悲運の共同開発車」3選

 エンジンにまで手を加えたチューンドモデルも!

 いまや日本の自動車産業は世界でもトップクラスにまで成長しており、品質面においては海外メーカーにも勝るとも劣らない実力を身に着けているのはご存じのとおり。しかし、1980年代ごろまではまだまだ海外メーカーのブランド力に頼った販売戦略を練らなければならなかった時期もあった。

名エンジン「4G63」はランエボ専用じゃなかった! 意外と知られていない搭載車3選

 また、近年でも海外ブランドと共同開発などをして誕生したモデルもいくつか存在していたが、その多くが大ヒットとは言えないまま姿を消してしまっている。今回はそんな悲運の共同開発車をピックアップしよう。

 1)三菱ギャランAMG/デボネアV AMG

 今でこそAMGはメルセデスAMGとしてダイムラー傘下となっているが、元々はレース用のエンジンの設計会社としてスタートし、アフターマーケットにおいてメルセデス・ベンツの車種のチューニングを手掛けるようになった会社だった。

 そんなチューナー時代のAMGが手掛けたのが、1986年に2代目へとフルモデルチェンジを果たしたデボネアVと89年にマイナーチェンジを果たした6代目ギャランだった。

 デボネアVに関しては専用のエアロパーツやアルミホイールなど、見た目の変更に留まっていたが、ギャランについては外観だけではなく、エンジン内部にまで手が加えられた正真正銘のチューンドモデルとなっていた。

 しかし、ギャランAMGのベースとなったエンジンはNA仕様の4G63型エンジンであり、すでに4G63ターボを搭載するVR-4が存在していたギャランにおいてはややパンチ不足となってしまったようだ。

 実力は持ち合わせているのに売れなかった悲運なモデルも存在

 2)トヨタ・ヴォルツ

 今でこそ飛ぶ鳥を落とす勢いのクロスオーバーSUVであるが、2002年にトヨタからリリースされたヴォルツはほとんど話題になることもなく、わずか2年弱で姿を消してしまった。

 このヴォルツは当時、トヨタとGMが共同開発したモデルであるが、実際は企画を共同で行い、設計や開発はトヨタが行った。また生産はトヨタとGMが立ち上げたアメリカの合弁会社NUMMIで行われており、アメリカ生産のトヨタ車ということになっていたのだ。

 プラットフォームは9代目カローラのものが流用されており、パワートレインもカローラ系に搭載されていたものが流用されている。

 ちなみにGM版は「ポンティアック・ヴァイブ」として販売されており、北米市場向けのトヨタブランド車は「マトリックス」という名前で販売されていた。この2車種は異なるデザインが採用されていたのだが、日本向けのヴォルツはヴァイブがベースとなっていた。

 3)スズキSX4

 コンパクトカーに強いスズキが、同じくコンパクトカーに強いイタリアのフィアットと共同開発したのが、2006年に登場した初代SX4だった。なお、フィアットからは「セディチ」の名前で販売され、イタリアではベストセラーとなっている。

 ただプラットフォームは当時のスイフトのものをベースに強化したものが使用され、エンジンもスズキのものが搭載されており(ディーゼルエンジンはフィアット製)、メカニズム的にはスズキの要素の強い車両となっている。

 しかし、デザインはジウジアーロ率いるイタルデザインが担当し、足まわりのセッティングにはフィアットも関わっていたため、乗り味は非常にヨーロッパ的に仕上がっており、一部では高い評価を集めていた。また、一時期はWRCへの本格参戦が予定されており、実際にテスト参戦もしていたが、リーマンショックの影響で参戦を断念するという残念な結果に終わっている。

 このように実力は持ち合わせていたものの、コンパクトカーが主流のスズキでは、普通車はそこまで注目されることもなく、フィアット・セディチの大ヒットを横目に細々と生産を続け2012年に終売、2代目へとバトンタッチをした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します