サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選7番手も苦しんだルクレール「問題はマシンではなく自分にあった」……サインツはクリーンな予選に安堵

ここから本文です

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、ポール・リカール・サーキットで開催されているF1第7戦フランスGPの予選を7番手で終えた。しかし、ペースに苦しんだ予選Q1、Q2を「悲惨だった」と語り、苦しんだ原因はマシンではなく自分自身にあると考えている。

 ルクレールは、母国の第5戦モナコGPとそれに続く第6戦アゼルバイジャンGPの市街地サーキットではポールポジションを獲得したが、常設サーキットでフェラーリが上位争いに加わる可能性を否定していた。

■ ポール獲得のフェルスタッペン、”予想以上”の好結果に満足「レースペースにもかなり自信がある」

 ルクレールは土曜日の予選Q1から苦しみ、Q1を12番手で突破。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン