サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1、30年ぶりの戴冠をめざす…技術首脳が語る、躍進の理由と意義

ここから本文です

21日、ホンダはF1の今季終盤戦を前に「シーズンクライマックス取材会」をオンラインにて実施、F1プロジェクトのLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)である浅木泰昭氏が技術解説を行ない、ラストシーズンでの30年ぶりとなる戴冠を目指す思いなども語った。

◆今や「チャンピオンを獲らないと喜べない」ほどに躍進

全22戦予定の今季F1も残すは6戦。今週末(10月22~24日)のアメリカGPから8週で6戦という強行軍でシーズンの幕を閉じることになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ