サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「コペンで210馬力は強烈すぎる!」大排気量ターボ勢と渡り合うチューンドコンパクト

ここから本文です

「コペンで210馬力は強烈すぎる!」大排気量ターボ勢と渡り合うチューンドコンパクト

耐久性も重視した210馬力のビッグターボ仕様

筑波サーキット1分3秒台は通過点にすぎぬ!

「D1ライツで圧倒的な強さを見せるPS13シルビアの全て」GPマシンに匹敵する強烈ドリフトスペック!

今回紹介するのは、コペン専門店として有名な“も。ファク”が仕上げた210psパッケージのフルチューン仕様。1720mm幅のワイドボディで武装した公認取得済みのオールラウンドスペックだ。

心臓部のJB-DETは、スズキF6A用の65φピストンと、ストーリア等に搭載されるJC-DET用コンロッドを組み合わせて排気量を820ccにアップ。そこにフルチューンヘッドをセットすることで、同社のデモカーに限りなく近いレブリミット1万rpmを許容するパワーユニットを作り上げた。

組み合わせるタービンは3.0Lクラス対応のIHI製RHF5。F-CON Vプロによる綿密なマネージメントにより、低回転からストレスなくパワーが追従する特性としている。ビッグタービン装着に合わせて、インタークーラーもワンオフの前置きタイプを導入。

サスペンションには、CRUXをベースにオリジナルセッティングした車高調を装備。スプリングにはHAL製を組み合わせる。スプリングレートは前後22kg/mmと、かなり硬めだ。

フロントブレーキにはウィルウッドの4ポットキャリパーをセット。リヤはアルフィンドラム化されているが、これはバネ下の軽量化も狙った結果のチョイスだ。

ボディは“も。ファク”オリジナルのキットを投入してワイドトレッド化、メカニカルグリップの向上を狙う。組み合わせるタイヤは215/50-15サイズのアドバンA050、リムが深いホイールはボルクレーシングTE37Vだ。

大きく張り出したアンダーボードや高い位置にセットしたリヤウイングなど、サーキット仕様の正装ともいえる大型のエアロパーツが目立つ。もちろんこれらはダウンフォースを稼ぐための武器だ。この他、ドアパネルをはじめとする外板パーツをファイバー製に変更するなど軽量化も進めている。

こうしたアップデートが功を奏し、取材時の筑波アタックで自己ベストを2秒近く更新する1分3秒248をマーク! キッチリと見せ場を作った。

今後は公認取得済みのストリート仕様というコンセプトはそのままに、NOSを投入しての1分切りに挑んでいくという。コペンでは2台目となる筑波分切りマシンの登場に期待しよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します