サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディ、新型「A3 セダン」を欧州で披露

ここから本文です

アウディ、新型「A3 セダン」を欧州で披露

独アウディは4月21日、「A3」のセダン版となる新型「A3 セダン」を初披露し、今夏から欧州で販売すると発表した。

Cセグメントのプレミアムモデルとしてユーザーに強くアピールするA3。なかでも先代から設定されたノッチバックは、オーソドックスなセダンの人気が高い地域を中心に成功を収めた。

今回の第2世代A3 セダンのデビューは、ベースとなるハッチバック版「A3 スポーツバック」のフルモデルチェンジを受けたもの。アウディらしい上質さを感じさせるエクステリアは、先代比で全長がプラス40mm、全幅がプラス20mm、そして全高がプラス10mmと全方位へわずかに大型化。ホイールベースは先代と同一ながら、4500mm×1820mm×1430mmのディメンションとなった。

デザインについては、クーペライクなルーフラインも相まってクラスを超えたエレガンスを漂わせる。リアホイールアーチに向かって上昇していくプレスラインや、ハッチバックより150mm延長された全長も、こうした印象を際立たせている。

インテリアには、ハッチバック同様最新のデジタルデバイスが奢られ、メーターパネルはベースモデルでも液晶表示となるほか、LTE接続機能や先代比で10倍高速というプロセッサーを内蔵した最新のインフォテイメントシステムを装備する。アウディユーザー間で収集された情報を集合知と呼ばれる技術を用いて処理し、運転に注意を要するエリアや速度制限などをドライバーに周知する「Car-to-X」テクノロジーも実装した。

ローンチに際して用意されるパワーユニットは、1.5リッター4気筒ガソリン(150馬力/250Nm)と2.0リッター 4気筒ディーゼル(150馬力/360Nm)の2タイプ。このうち前者の7速Sトロニック仕様には48V電装システムが組み合わされ、燃費向上と低回転時のトルク補完に効果を発揮する。

第2世代のA3セダンは、クラシカルな美しさを湛えた姿で人気を集めそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します