サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プジョー 3008に乗りながら、そのデザインの変遷を振りかえる【プジョー今昔ストーリー/その6】

ここから本文です
「温故知新」の逆というわけではないが、最新のプジョー車に乗りながら、古(いにしえ)のプジョー車に思いを馳せてみたい。今回は、人気のSUVである3008から、プジョー車のデザインの変遷を振りかえってみたい。(タイトル写真は、上が1938年に発表された202、下が最新の3008)

マイナーチェンジで斬新さを増した「3008」
3008は、兄弟車の5008とともに、近年のプジョーの好調を支えるヒットモデルとなっている。3008の全長は3列シートの5008より短く、車重も少し軽い。昔でたとえるなら、5008がワゴンで、3008がセダンかハッチバックというような感じだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン