サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 不完全燃焼に終わった“準地元”のイタリアGP。結果に表れなかったスペック4の手応え/トロロッソ・ホンダF1コラム

ここから本文です
 F1第14戦イタリアGPはトロロッソにとって色んな意味で地元レースだった。チームが拠点を置く国であり、スタッフの多くがイタリア人であるというのはもちろん、ダニール・クビアトもロシア人でありながらイタリアが地元のようなものだ。

「イタリアに来てもう10年になるからどの国よりもここで長く過ごしてきたし、この国のことはよく分かっていて言葉もロシア語ほど完全に無意識にとは言わないけどかなり近いレベルで話せる。カート時代からイタリアの人に助けてもらって、去年はフェラーリで働き、今年もこうしてイタリアのチームで走っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ