サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツJr.がFP2首位、上位は混戦模様になるか? 角田裕毅は16番手|F1第10戦イギリスGP

ここから本文です

 F1第10戦イギリスGPのフリー走行2回目が行なわれ、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)がトップタイムをマークした。

 今回のイギリスGPには多くのチームがアップデートパーツを持ち込んでいるが、FP1はあいにく中途半端なウエットコンディションに。新パーツが期待通りに機能しているのかどうかのチェックやセットアップの評価も満足に行なうことができず、ドライバーの半数がノータイムでセッションを終えた。

■F1メカ解説|多くのチームがアップデート投入。その新しい姿をクローズアップ:イギリスGPピットレーン直送便

 幸いFP2に向けて天候は回復し、気温は19度、路面温度30度のドライコンディション。

おすすめのニュース

サイトトップへ