サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【2年でマイチェン4年で新型は過去の話…】新型車の開発が長期化している切ない事情

ここから本文です

 最近ではフルモデルチェンジのインターバルが長くなり、2年でマイナーチェンジ、4年でフルモデルチェンジというパターンはもはや過去の話。

 2019年1~12月の販売台数を見ると、発売してから7年4ヵ月のノート、8年1ヵ月のアクア、6年のヴォクシーなど、6年以上経過しているものが目に付く。

【新型ノート キックス アウトランダー さらなる新車も今年登場!!?】 日産&三菱 2020年の大攻勢

 最近登場したモデルを見ても、新型カローラは7年7カ月、新型フィットは6年5ヵ月、新型ヤリスは2代目ヴィッツの登場から8年2ヵ月でフルモデルチェンジと、もはやフルモデルチェンジ4年という定石はすでに崩壊しているようにも見える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン