サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、”コース外走行”許されたライコネンへの裁定に困惑「受け入れるしかないけど……」

ここから本文です

 F1アメリカGPで、アルファロメオの2台と激しいバトルを展開したフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)。彼はF1アメリカGPでの裁定がまたも一貫性のないものだったことに困惑しているようだ。

 このレースでは、アロンソを含む多くのドライバーが、コース外走行でアドバンテージを得たとしてポジションを譲るよう指示されていた。

■ペナルティ”一貫性”へのアロンソの皮肉、スチュワードにはノーダメージ? 「ルールは全員に平等」

 だが16周目、アロンソはターン1でキミ・ライコネン(アルファロメオ)とサイドバイサイドに。ライコネンはコース外に出る形になりながらもアロンソの前に出ると、そのままポジションをキープした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン