サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつての帝王は大幅変更で復権なるか 日産エルグランドの苦悩と一縷の望み

ここから本文です

かつての帝王は大幅変更で復権なるか 日産エルグランドの苦悩と一縷の望み

 日産のLクラスミニバンのエルグランドが2020年10月にフロントマスクを大幅に変更するビッグマイナーチェンジを受けた。

 現行のエルグランドは2010年のデビューだから、10年目での初の大幅テコ入れだ。

ヴォクシー系3姉妹が車種整理開始!? ノアが増えてエスクァイアが減った理由

 エルグランドは日産のビッグネームゆえ、ビッグマイチェンに対する注目度は高かったのだが、その後話題に上らなくなっている。

 ビッグマイチェンを敢行したエルグランドの販売動向について、渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/NISSAN、TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】初代エルグランド誕生から22年 蔵出し画像で綴る日本のLクラスミニバンの足跡

マイチェン前のエルグランドの販売はアルファードの10分の1以下

2020年コロナ禍で販売を伸ばしているアルファード(右)は、販売会社の統合でヴェルファイアのユーザーも多数取り込んでいる

 最近はアルファードが絶好調に売れている。2020年10月には、1カ月の登録台数が1万台を突破した。以前からアルファードは、存在感の強いフロントマスク、上質な内装、多人数乗車に適する広くて快適な室内空間などにより、好調に売れていた。

 しかも2020年5月以降は、全国のトヨタ系販売店で、トヨタの全車を購入可能になった(それまではトヨペット店のみ)。人気車のアルファードは売れ行きをさらに伸ばし、逆に姉妹車のヴェルファイアは需要を奪われ、明暗を分けている。

 アルファードの競争相手として、エルグランドも気になる存在だ。

オラオラ顔と言われるアルファードに負けず劣らず迫力を増した新型エルグランドのフロントマスク。存在感は確実に増している

 日産の最上級ミニバンとされ、1997年に発売された初代エルグランドは、発売当初には1カ月平均で4000~5000台を登録した。価格の高いLサイズミニバンでありながら、今のセレナと同等か、それ以上の売れ行きであった。

 初代エルグランドにはトヨタも苦戦して、グランビアとその姉妹車で立ち向かったが、販売面で勝てない。そこで渾身の初代アルファードを開発した経緯がある。

 従ってエルグランドの知名度は今でも高い。アルファードが好調に売れると聞けば、「エルグランドはどうした?」という話になる。

 そこでエルグランドの登録台数を見ると、かなり苦戦している。コロナ禍の影響を受ける前の2019年でも、1カ月平均が561台であった。アルファードは5725台だったので、エルグランドの売れ行きは10%以下だ。

フロントに比べて大きな変化がないリアビュー。リアから見ると2010年デビューという古さが隠せないのが厳しいところ

ビッグマイチェンも奏功せず!?

 この状況を打開するため、エルグランドは2020年10月12日に大幅なマイナーチェンジを実施した。フロントマスクは刷新されて存在感を強め、2台先を走る車両も検知可能な前方衝突予測警報など、安全装備も充実させた。

 しかし本稿執筆時点で明らかになっている2020年10月の登録台数は、400台を下回っている。

ビッグマイチェンだがインテリアは大きく変更されていない。豪華だが、アルファードほどの広さはない

 果たしてエルグランドのマイナーチェンジは、これから販売面にどのような効果をもたらすのか。2020年11月以降に登録台数を伸ばす可能性はあるのか。このあたりを販売店に尋ねた。

「エルグランドの納期はだいたい1カ月半です。2020年12月上旬に契約した場合、納車されるのは、正月休みを挟んで1月末でしょう。ただし2トーンのボディカラーは納期が長く、納車は3月上旬です」

 と、まずは納期について説明してくれ、現状について続けた。

「現行エルグランドの発売は2010年なので、モデルチェンジを待っていた従来型のお客様は少なくありません。そこで何台か注文をいただきましたが、売れ行きが急増したわけではないです」

 コメントからは状況は芳しくないようだ。

プレミアムブランドのオーテックモデルも刷新された。スポーティさを求めながらもチャラチャラしたのが嫌な人には打ってつけのモデルだ

e-POWERがないことが辛い

 なぜマイナーチェンジで売れ行きが大きく伸びないのか。どのような変更を施せば好調に売れるのか。この点も尋ねた。

「e-POWERが追加されたら、必ず買うと仰るお客様は多いです。ミニバンはボディが重く、燃料の消費量も増えます。そこでセレナはe-POWERを搭載しました。トヨタもエルグランドのライバル車となるアルファードなどに、ハイブリッドを用意しています。ところがエルグランドには設定がありません。このほかプロパイロットも用意すると、セールスポイントになります」

 エルグランドはフロントマスクの存在感を強めるマイナーチェンジを実施したが、それ以外の改善点は弱いようだ。

 安全装備は高い関心が寄せられ、充実度を高めると販売にも結び付くが、e-POWERが用意されないのは辛い。

 ライバル車のアルファードやオデッセイ、ひとまわり小さな日産のセレナやヴォクシー系3姉妹車など、今のミニバンはハイブリッドを選べるのが常識になっているからだ。

セレナはe-POWER、プロパイロットとも設定され、ライバルに対しても高い競争力を持っている。その人気は衰え知らず

安全装備、運転支援機能は充実したが見劣りする現実

新型エルグランドはマイチェンで安全装備、運転支援装置の充実が図られたが、設計が古いためすべてが最新のものになったわけではない

 運転支援機能には、車間距離を自動制御できるインテリジェントクルーズコントロールが用意されるが、プロパイロットとは仕組みが異なる。

 車線の中央を走れるようにステアリングを支援する機能もなく、クルーズコントロールも全車速追従型ではない。以前から採用されている設計の古いタイプだ。この欠点を販売店は、どのように補っているのか。

「ミニバンの需要は、今はセレナが支えています。セレナにはe-POWERやプロパイロットも用意され、シートアレンジは多彩です。自転車を積む時も、荷室の床を低く抑えて天井の高いセレナが適しています。アルファードと比べてエルグランドを選ぶお客様は少ないですが、ヴォクシーやステップワゴンと比較してセレナを選ぶお客様は多いです」

 このように日産ではミドルサイズミニバンのセレナが優等生で好調に売れるため、エルグランドの登録台数が伸び悩んだ面もある。

 そうなるとエルグランドに多額の開発コストは費やせず、売れ行きがさらに落ち込む悪循環を招いてしまう。

エルグランドには2列シートのVIPもラインナップ。古くなったフーガ、シーマに代わる存在として利用価値は高いハズ

エルグランドの廃止に踏み切れない事情

 それならエルグランドを廃止する方法もあるだろうが、なかなか踏み切れない。エルグランドは高価格車だから、マイナーチェンジを行って1カ月の登録台数が800台程度に増えれば、商品として十分に成り立つからだ。

 しかも今の日産では、Lサイズセダンのシーマやフーガも古くなった。フーガの月販平均は約90台だ。エルグランドのほうが好調に売れており、重役を後席に座らせる法人ユーザーにも売り込める。

 仮にエルグランドが消滅してアルファードに乗り替えられると、その法人が使うNV350キャラバンがハイエースに変更されたり、NV150ADがプロボックスになったりする。オセロゲームのように、日産の社用車がトヨタに乗り替えられてしまう。

 ちなみに日産の場合、新型ノートにはノーマルエンジンが用意されておらず、e-POWERの最廉価グレードは200万円を超えるから、法人ユーザーを失う可能性もある。

2020年11月にフルモデルチェンジを受けたノート。スタート時はe-POWERのみという割り切ったラインナップ。その判断がどのように影響するかが見もの

打開策はフルモデルチェンジあるのみ

 今の日産からは「今後は国内市場を重視する」という話が聞かれる。この背景には2つの理由がある。

 ひとつは日本の企業なのに国内を軽視して、新型車も滞り、売れ行きが下がったことだ。この失敗に対する反省で、今後は国内市場を重視する。

一時は次期モデルの開発が凍結されたという情報も流れたが、次期型のエルグランドの開発は進んでいるようだ(画像はベストカーの予想CG)

 2つ目は、今後の日産がe-POWERと電気自動車を技術の中心に据えることだ。e-POWERはハイブリッドだから、発進/低速走行/停止を繰り返す日本の交通環境で強みを発揮する。e-POWERとセットにして、技術的な親和性の高い国内市場を見直す発想だ。

 エルグランドは認知度の高いLサイズミニバンだから、セダンが衰退した今、イメージリーダーになり得る。

 フルモデルチェンジを行って、e-POWERやプロパイロットを搭載すべきだ。

 そして今後登場する電気自動車で上級SUVのアリア、フェアレディZなどと一緒に、新世代の日産を盛り上げてほしい。

スポーツカーの象徴がフェアレディZとして生まれ変わろうとしているが、エルグランドもLクラスミニバンの権化として復活を願う

【画像ギャラリー】初代エルグランド誕生から22年 蔵出し画像で綴る日本のLクラスミニバンの足跡

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します