サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イギリスGPの劇的最終ラップ……レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン「幸運だし、不運だったね」

ここから本文です
 F1イギリスGP決勝レースの大半を3番手で走行したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。しかし50周目、2番手を走行していたメルセデスのバルテリ・ボッタスが左フロントタイヤのパンクにより後退したことを受け、2番手に浮上することになった。

 後方4番手を走っていたシャルル・ルクレール(フェラーリ)とは大きな差がついていたため、2番手の座は安泰。そのためボッタスにトラブルが発生したのをみるや、チームはフェルスタッペンをピットに呼び戻し、ソフトタイヤを履かせた。これにより、ファステストラップのボーナスポイントを手にしようとしたのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ