サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】GTA坂東会長がレース距離増加について改めて言及。来季は「花火が見られる」時間制レースに?

ここから本文です
 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイション(GTA)の坂東正明会長は、第8戦富士の期間中に行なわれた定例記者会見の中で、来季のレース距離について改めて言及した。

 スーパーGTではこれまで、鈴鹿サーキットでの1000kmレースや富士スピードウェイでの500マイルレースなど、長距離レースがシリーズ戦の中に組み込まれていた。しかしながら、鈴鹿1000kmは2017年で終了、2020年はコロナ禍の影響もあり全戦300kmレースとなった。今季も第2戦富士は500kmレースとして開催されたものの、その他は全て300kmレースとなっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン