サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型アリアの発売を皮切りに日産は生産現場を一新! 注目は業界初の塗装技術やほとんどの作業をオートメーション化した未来の姿だった

ここから本文です

クルマは刻々と進化している。電動化やコネクテッド機能など、まさに日進月歩という状況である。だが、それを生産する工場も時代に即した進化が必要で、日産は栃木工場を皮切りに世界規模で生産体制を大きく変えるのだ。そこで今回は新たに生まれ変わった日産の栃木工場に潜入し、新時代の生産現場をリポート! 結論からいえば、ほとんどの工程をオートメーション化するだけでなく、従業員の働き方も大きく変貌を遂げるのだった。

330億円を投入して栃木工場を一新! 自動運転社会を見据えた姿に

この記事の画像ギャラリーを見る(全24枚)

現在クルマはコネクテッドや自動運転などの自動化。

おすすめのニュース

サイトトップへ